ウインドサーフィン

ウィンドサーフィンの心地良さは何だと思いますか?セイルが受ける風圧を右手と左手で操るとスーッとサーフボードが海面を走り出します。 有名な首里城は琉球成立以降の国の心臓部で華やかだった王朝のシンボルです。以前複数回火事で焼け落ちており、今の建物は比較的新しく再度建てられたものです。

ダイビングの専門家とは「ダイビングのステージが豊かである」「ダイビングが巧み」と言われることだけではなることはでいません。 風にそよぐサトウキビ畑や昔から変わらない沖縄の家があり、いかにも沖縄というような雰囲気や景色に心が弾みます。「古宇利大橋」の上から眺める海は、永久に忘れないほど鮮やかな紺碧の海。 沖縄の伝統工芸品として定評のあるユニークなシーサーを自分の手で作ってみませんか?どんな表情に仕上がるかは焼いてみてからのお楽しみ。他所では手に入らない個性的な記念品になります。 様々なダイバーがときめく!ずっと華やかな沖縄の海を飛び込むために数多くのダイバーたちが海に足を運びます。

ひょっとしてダイビング中に何かが発生したとしても、即効で対処することができる知識と大事故を予め防御する能力を手にしておくことが事故を未然に防御することになります。 沖縄のやんばるの森では幼少期、心待ちにしていた夏休みに田舎ではしゃいだ懐かしい情景がまるで昨日のことのように蘇ります。頭の先からずぶぬれになって泥まみれになって胸をときめかせていた毎日。 空から沖縄の海を眺められる安全なパラセーリングや、リフレッシュできるウォータースポーツを体験できるツアー。

体験時間も60分~120分ぐらいと身構えずに楽しめます。 水底でぽっかりと「中性浮力」の状態を保つことは、リラックスして水中を進行するのにも、サンゴの群生などの存在を邪魔しないためにも肝心です ユニークな植物や動物、様々な鳥などたくさんの希少種がいるやんばるの森がある地域では、感動的な沖縄の大自然に触れられるエコロジーツアーが多く行われています。 ダイビングのテクニックを本格的に記憶するための興味深い話、海底の神秘を目いっぱい堪能できるダイビング体験を提供します 本島北部にあるやんばるの森では昔、心待ちにしていた夏休みに田舎ではしゃいだ懐かしい原風景が蘇ってくるようです。びしょびしょになって汚れるのも構わずに泥んこになって無心で走りまわっていた宝物のような日々。 ダイビング購入を受ける際には、受講費用以外にプールでのトレーニング費用と教材費、海に移動してからの実習に欠かせない施設の利用料、海に行くためのバス代や宿泊費用、それ以外にもレンタル器材代などが掛かる費用となります。 この美ら風という施設は、粘土玉の状態から作る魔除けの「シーサー」、800種類を優に超す色とりどりのガラス細工を組み合わせて創作する美しい「キャンドル」や「オルゴール」など、世界に一つしかない作品作りがポイントの体験型工房です。

ページのトップへ戻る