課題

“課題と解決“をあわせ持ったダイビングの興味深さを実感して頂き、適正に味わうための技術を学習します。中身の濃い人生がポイントです。 様々なスポットの過ごし方を把握しているのと一方で救急時の予防対処能力も兼ね備えた、高い信頼感のあるレジャー・ダイバー、それこそがマスター・スクーバ・ダイバーと呼ばれるのです。 数々のダイビングノウハウを習得します。訓練はおおよそ1日で受講が実行できオープン・ウォーター・ダイバー・コース認定後直ぐに楽しめるプログラムです。 ダイビングをを始める時には、取り掛かりとしてダイバー独自に7点セットと言われているスノーケル、マスク、フィン、更にはスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグぐらいは準備しておいた方が何かと便利です。 海底でふわふわと「中性浮力」のあり様は、リラックスして水中を歩むためにも、サンゴの群生などの水中状態を邪魔しないためにも熟慮が必要です 横向きのウェイクボードの板の上に立つのは水上スキーより難しくなくて、回数をこなせばさざ波を活用した憧れの技も思いのままにできるはずです。 最近ではダントツ人気の「青の洞窟・シュノーケル探検プラン」にプラスして、海中でゆっくりと息をしながら色鮮やかな小さな主役たちと楽しめる初心者向けダイビングもきっと気に入ってもらえると思います。 那覇市から西へ約4里のチービシ環礁はナガンヌ島と神山島、クエフ島の3島のことを指し、最も広い島がナガンヌ島。素晴らしい海と陸の対比を実感できる壮麗な島です。 果てしないマングローブ林を鑑賞しながらカヌーのツーリング。

魅惑的なジャングルを抜けて見応えのある滝を歩いて向かう。誰もが冒険心をくすぐられる西表島へ出発! 沖縄のダイビングスポットと言えば「青の洞窟」を、簡単なシュノーケリングで海中を見る定番のシュノーケリングコースです!必要な講習を受けていただいたら即お出かけ!きらきら光る海とこの世のものとは思えぬ洞窟をご堪能いただけることでしょう。 ダイビングスクールではおおよそまっすぐのコンパスを活用した移動を習得してもらいますが、別途三角形や四角形などの移動パターンもお伝えします。 遊んで終わるのではなく、マングローブ(海漂林)の実態や減少しつつあるサンゴの興味深い謎までレクチャーしてもらえる自然環境のことを考え知識が得られる人気のツアーです。 潜水時の保温と保護の働きをする海用スーツは、それが持つ効能を高めることを目的に、どうにかしてご自身だけのダイビング用スーツを手にすることをご提案します。 インド洋の抜群のサンゴを見るために潜ってみて!インドの西に位置するモルディブはリング状になった信じられないような環礁が南北に800キロも連なるかなり昔より「真珠の首飾」と言われてきた。 特に何もなく講習終了を迎えて、憧れのダイバーとしての初心者としての位置に立つことになったアナタ、それではいろんな海に鮮やか海底を見に出掛けてみましょう。